MENU

薄毛とストレスの関係

薄毛とストレスの関係

 

薄毛になる原因はさまざまです。遺伝性もありますが、後天的な原因には生活習慣が関係しています。

 

無関係のように思われるかもしれませんが、「ストレス」も薄毛と深く関わっています。

 

一般的にストレスは体に悪いことは知られていますが、同様に頭皮にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

ストレスはさまざまな角度から、薄毛を誘発してしまいます。

 

私たちはストレスを感じると、自律神経が乱れてしまいます。自律神経は血流も司っているため、自律神経が乱れることで血行不良を起こしてしまいます。

 

すると、血液がめぐらなくなり、頭皮に必要な栄養が運搬されないので、抜け毛が増えてしまったり髪の毛の成長を妨げてしまいます。

 

また、ストレスはアドレナリンの分泌を促すことによって、活性酸素が増加し皮脂腺が活発になってしまいます。

 

これによって、余計な皮脂が分泌されていき、それが毛穴に詰まることで発毛を妨げてしまいます。

 

さらにホルモンバランスにも影響を及ぼし、薄毛の原因を引き起こしてしまいます。

 

今現在、ストレス社会で生きている現代人はストレスを抱えて生きています。もしかすると、そのストレスが薄毛を誘発しているのかもしれません。

 

対策を始める、本格的に育毛ケアを始めるなら、ストレスの面も配慮していきましょう。入浴や適度な運動でリフレッシュし、十分な睡眠をとってストレスを解消してみてください。