MENU

薄毛と喫煙・飲酒の関係

薄毛と喫煙・飲酒の関係

 

薄毛になる原因のひとつが遺伝性です。

 

薄毛は遺伝するものと思われていますが、あくまで原因のひとつに過ぎません。

 

後天的な原因もいくつかあります。まとめると、生活習慣です。

 

食生活の乱れや過度のストレス、睡眠不足、そして「喫煙」や「飲酒」も薄毛の原因になります。

 

まず、喫煙は百害あって一利なしと言うように、頭皮にとっても良くないものです。

 

タバコには「ニコチン」という物質が含まれています。これが、体の害になります。

 

ニコチンは血管を収縮させるため、血行不良を引き起こしてしまいます。

 

血流が悪くなると血液にのって運ばれるはずの栄養素が頭皮に行き届かないため、頭皮環境が乱れて抜け毛が増えたり、薄毛を悪化させてしまいます。

 

できるのなら薄毛対策のために禁煙を推奨しますが、簡単に禁煙できたら苦労はしませんよね。

 

禁煙しようと意識するあまり、ストレスを感じてしまいます。禁煙を始めると多くの方がイライラするなどストレスを受けますが、それはそれで薄毛に影響してしまいます。

 

ストレスを感じるくらいなら、タバコの本数を減らすなどの方法から始めましょう。また、禁煙外来を利用する手段もあります。

 

飲酒は喫煙と反対に百薬の長などと言われています。が、やはり飲酒も薄毛と関係しています。

 

適量のアルコールなら血行を良くするなどのメリットもあるのですが、飲み過ぎてしまうと肝臓に負担をかけてしまいます。肝臓の機能が低下し、さらに頭皮への栄養の運搬を妨害してしまいます。

 

薄毛対策を始めるときには、なるべくタバコやお酒を控えるようにしましょう。