MENU

薄毛と食生活の関係

薄毛と食生活の関係

 

薄毛は遺伝性もあります。母方の遺伝性が考えられるのですが、これはあくまで原因のひとつです。

 

遺伝要素が一切なくても、薄毛になることはあります。この場合、食生活など生活習慣に原因があると考えられます。

 

現在の食生活を振り返ってみて、いかがでしょうか。

 

糖質や脂質を摂り過ぎたり、インスタント食品などに偏っていませんか。

 

このように食生活が乱れていると、体のさまざまな臓器に影響を及ぼすだけでなく、頭皮にも悪影響を与えてしまいます。

 

とくに避けたい食べ物が、インスタントやレトルト食品です。これらの食品は利便性がある反面、添加物がいろいろと使われています。

 

添加物を過剰摂取してしまうと体によくありませんから、体の内部から髪の毛の成長を妨げてしまいます。

 

糖質や脂質も摂り過ぎると、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまいます。皮脂腺は頭皮にも集中しているため、頭皮から余計な皮脂が分泌することで毛穴詰まりを起こして、薄毛を誘発します。

 

このように食生活は薄毛の原因にもなり、影響を及ぼしています。

 

裏を返すと、食生活を整えることで薄毛対策になります。

 

栄養バランスを考えて、1日3食バランスよく規則正しい食生活を送るように心がけてください。

 

とくに髪の毛の成長には、タンパク質やビタミン類、亜鉛が欠かせません。中でも亜鉛不足の人が増加しているので、意識的に摂るようにしましょう。

 

また、薄毛対策に良い成分はサプリメントから摂ることもできます。

 

食事バランスを気をつけながらサプリメントを併用することによって、体内から薄毛対策を行えます。