MENU

薄毛になる原因とは

薄毛になる原因とは

薄毛は髪の毛が何らかの原因で抜け落ちて、頭皮が透けて見える状態です。その”原因”とは何か。
男性に多い原因は、主に男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの分泌が多いことにあり、薄毛になる因子は5α-リダクターゼです。これが根本的な原因と考えられます。

 

さて、5α-リダクターゼが活発になったり、薄毛になる原因はさまざまです。

 

 

遺伝性(母方)

薄毛になる原因とは

身内に薄毛の人がいると、遺伝するとよく言いますが、実際遺伝もあります。ただし、自分の父親が薄毛でも、それが遺伝するわけではありません。実は母方の方の遺伝性が高いとされています。つまり母方の祖父が薄毛の場合は遺伝する可能性が高いと言えます。男性ホルモンのジヒドロテストステロンの分泌量が遺伝するため、間接的に薄毛になりやすいとされています。しかし、遺伝だけが薄毛になる原因ではありません。後転的な要素も多々あります。

 

睡眠不足

薄毛になる原因とは

人は寝ている間に細胞などが修復されます。頭皮の生まれ変わりも寝ている間に行われるので、睡眠は必要不可欠です。睡眠不足の人は少なくないと思いますが、できるだけ睡眠時間を確保して良質な睡眠をとりましょう。

 

ストレス

薄毛になる原因とは

適度なストレスは体に欠かせないと言いますが、過度のストレスは自律神経やホルモンバランスを乱してしまいます。すると、男性ホルモンのバランスも乱れて薄毛を引き起こす原因因子が発生してしまいます。

 

栄養不足や食生活の乱れ

薄毛になる原因とは

糖質や脂質を摂り過ぎると余計な皮脂が増えてしまいます。その皮脂が毛穴に詰まってしまうと髪の毛の成長を妨げます。また、ビタミンやミネラル、タンパク質など必要な栄養素が足りないと、頭皮に栄養が行きわたらず髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

 

誤ったヘアケア、シャンプー

薄毛になる原因とは

薄毛対策のために育毛剤や発毛剤を使用してケアする方法がありますが、ヘアケアの方法を間違えていると、反対に頭皮に悪く、効果も発揮されません。育毛剤など特別なグッズを使用する前に、清潔にすることが大切です。頭皮に刺激を与えないやさしいタイプのシャンプーを使用してみてください。